真剣に人を愛するということ シリーズ1

こんにちは

更新がご無沙汰になってしまい申し訳ありません

makotoです

 

いつも面白おかしい事を書こうと意識しているんですが、最近色々あっって・・・

今回はそれの原因かな?少し真面目な話をシリーズにして書こうと思います

 

彼との出会いは19歳の時でした

私は16歳でゲイデビューし、レイプでアナルを覚え、感じるから今でもバリ受けです

私がデビューした当時は高校生のゲイなんかいなくて、それはそれはモテました

彼氏と呼べる関係の人は数十人いたと思います

友人の紹介で知り合った彼

お互いの写真を見せ合い、会ってみることになりました

 

初めて会って彼の印象は・・・小さいな

でも野郎臭さが滲め出ていてタイプでした

その日は食事だけで終わりです

ホントは先も期待していたんだけど・・・まぁ友人の紹介という手前、簡単には出来ませんでした

 

その後も連絡を取り合っていたんですが、私に事件が起こります

それは、両親からの勘当でした

私は普通じゃない、ケダモノと罵られ私は家出をしたんです。

正直死を考えていて、その時は彼の事も、仲のいい友人の事すら頭にありませんでした

 

何とか死を免れた私

でも一般的な仕事は出来ずに、夜の仕事と体を売る仕事で生活をしていました

仕事柄新宿を出歩くことが多かったのですが、その時に彼を紹介してくれた友人にばったり遭遇してしまいました

 

今でも忘れない三丁目のドトールで何時間も話しました

そして彼の事を聞きました

私が行方不明だと知ると仕事を休んでまで探してくれたそうです

私は申し訳なく思い、彼に会う事にしました

全部を断ち切って家出をしたのに、彼の側はすごく安心しました

 

今でも忘れないエピソードがあります

その日はたまたま粉雪がぱらついている日でした

彼と待ち合わせの場所に行くと、彼が何も言わずに小包をくれたんです

仲にはコムサで購入したであろうタオルハンカチが入っていました

「雪ふかないと風邪ひくと思って」

そんな武骨な彼の言葉は必要以上に私に染みて、彼の事が本当に愛しくなりました

 

時間が空けば会う関係だったので、傍目にはカップルに見えていたと思います

有名なゲイ雑誌のカップル特集からオファーが来たくらいですから

でも、彼とは彼とは体の関係はありませんでした

 

正確に言えば、一度あります

キスも一度だけです

大好きだって何度も伝えたのですが、まずその前にやることがあるだろ?というのが彼の口癖でした

それは家族との和解です

気が付けば二年近く時間が経っていました

生死すら知らない家族の気持ちを彼に会い、初めて考えました

でも、正直今更会うのが怖くて戸惑いを感じました

 

両親に会う前日、彼が事前に両親に会いに行ってくれました

明日息子が戻ってきます、と

 

当日も彼の同伴で両親に会いました

何ていったらいいかわかりませんでしたが、とりあえず「ただいま」と言いました

小さな声でお帰りと言ってくれた両親

無言の時間が耐え切れず、私は冷蔵庫からみんなの分のビールを出しました

大好きなビールがその時は苦くて堪りませんでした

そんな沈黙を破ったのは父です。

「ご飯を食べに行かないか?」

父も口数が多い方ではないので、家族と彼と食事に行きました

 

父が連れて行ってくれたのは、私が大好きな焼肉屋さんでした

そのお店には思い入れがあり、家族で何度も足を運びました

いつも通り肉を口に運んでいるのに、記憶がお触れ出してきて私は泣いてしまいそうでした

それは両親も一緒だったようです

お酒が苦手な母が、お酒の力を借りてやっと口にした一言がこれです。

 

「生きていてくれて、ありがとう」

 

そこからは正直あまり記憶がありません

なんてことをしたんだろうと後悔の念が押し寄せてきました

 

両親が気を遣って、駅で彼を見送る時は二人きりにしてくれました

私は感謝の念と、やはり愛していると気持ちをはっきり伝えました

すると彼が答えたんです

「もう大丈夫、俺の役目は終わったな」、と

 

その言葉が上手く呑み込めず、その翌日の、その翌日も彼に連絡をしましたが、二度と彼から連絡が来ることはありませんでした

 

たとえ火の中、水の中・・・ふざけた愛の表現だと思いますが、それほど彼を愛していました

もうこの先ずっと彼以上に愛する人はいないでしょう

だから、今思えばあれが初恋だったんだと思います

人を愛する事、愛される事を教えてくれたとても大切な人です

 

東京は狭くて、何度も新宿で彼に似た後姿をみかけました

追いかけたくなるその足をぐっと堪え、彼に会っても恥ずかしくない人生を歩んで行こうとあの日から決めました

 

あれから既に十数年

時が経つのは早いものですが

どうしても粉雪が舞うこの季節だけは

彼への思いで心が一杯になります

彼氏と泊まったラブホテル

その夜は彼氏と新宿で飲んでいました

ちなみに以前乱交で出会った彼氏です

お互い次の日も仕事だから、と時間を気にしながら飲んでいたんですが・・・

 

店の人の話術?魔術?にはまり、終電が・・・

 

仕方ないから朝までゆっくり飲もうと思ったんですが、やはり不安になった私は彼氏とホテルに泊まることにしたんです

 

新宿二丁目の周りには男同士で泊まれるホテルがいくつもあります

しかし、その夜に限ってホテルはどこも満室でした

 

途方に暮れていた私に彼が提案してきたんです

「歌舞伎町のラブホでも泊めてくれるんじゃない?」

 

聞いたことねーよ!?

と悪態づいてしまいそうになりましたが、抑えて、彼と歌舞伎町のラブホ街へ

 

そこは本当にラブホしかないから利用者か使用済みの人しかウロウロしていないんです

男二人、しかも彼は2m近いので必要以上に目立ちました

 

フロントを通らないホテルが見付からず、人のいい彼がホテルに行って交渉してくる、と言い出しました

 

10分ほど待って彼が帰ってきてこう答えたんです

「二部屋取ってくれるなら、いいですよ、だってさ」

 

二部屋!?じゃあ普通のホテルでいいじゃんか!?

とそこは悪態づいてしまいました

でも一生懸命交渉してくれた彼に申し訳なくて、二部屋取ることに。

 

部屋に入ると広い事広い事・・・しかも和室でした

イメージとしては悪代官が悪いことしそうなそんな部屋です

 

しばらくして彼がやって来ました

和室だったので、とりあえず粗茶を飲み、ベッドに入り、和風セックスしましたよ

 

朝まで一緒に過ごせたのは嬉しかったけど、今度はちゃんと計画的に行動しよう決意した日でした

 

TVに出ている人との変態セックス

私はたまに無性にムラムラして、非常にエロい掲示をする事がしばしばあります。

そんな時に出会った彼の話

 

「体が疼いて仕方ないっす。玩具になるっす。」

といった普段使わないような卑猥な言葉で掲示をしていた夜でした

何度かあったことがある彼からメールを頂いたんです

彼の要求はいつも一緒でした

 

暗闇、目隠し、四つん這い待機

 

シンプルでわかりやすくて楽なセフレでした

 

その夜もいつも通りガシガシ犯されたんです

でもその日は少し違っていて、目隠しを取らされました

それで横になって少し話をしたんです

お互いのプライベートは詮索しないのが暗黙の了解だったんですが、深夜にビシッとスーツを決めてくる彼の仕事が何故か気になったんです

 

ヒントをくれました

「TVに出てるよ」

 

え!?芸能人!?

確かに暗いけど、顔は何となく見えるし、この顔の芸能人知らない・・・

悩んでいると、彼が更にヒントをくれたんです

「TVに出るのは芸能人だけじゃないよね?」

 

芸能人じゃなくて、スーツでTVに出てる人・・・

 

ハッとしました!!

 

「もしかして、政治とかしてる人?」

「詳しくは言えないけど、自由な感じの業界人だよ~」

 

信じられないと彼に伝えたんですが、ではこっそりバスルームの窓から部屋の外を覗いてごらん?と言われました

窓を覗くと、そこには明らかに高級な黒塗りの車と、助手席で眠りこけているスーツの男性がいました

彼にそれを伝えると、

 

「あれ、秘書。お前の事、女だと思ってるから、絶対外出るなよ」

 

セックスとは違う感じでドキドキしました

 

元々興味が無かった世界ですが、彼のお陰で政治経済の番組も良く観るようになりました

TV越しに見る彼はまるで別人ですが、私を抱いている彼の姿は私だけの思い出です

暇つぶしの出会いのが、SM専門店

その時は新宿で用事があったんです

数時間時間を持て余していたんで、掲示板を利用し、サクッと会える人を探していました

メールが来たのは40代のガチムチの男性

指定されたマンションも近かったので、速攻会うことに!

 

玄関を開けて、まず違和感を感じました

薄暗い・・・

赤っぽい間接照明があったんですが、何だかハッテン場みたいな室内に恐怖を覚えました

彼はリビングに居ました

まずシャワーを促されたので、事が早くて助かりました

でも、浴室に入る前に言われたんです

「よく洗浄してね?意味わかるよね?」

 

はい、もちろん意味はわかるんですが改まってそんな事は言われたことは無いので不思議に思いました。

 

シャワーを終え、リビングに向かいました。

奥にベッドルームがあったので、そこで情事が行われると思ったんです。

でも全く違う部屋に案内されました

 

その部屋を見て、私は一瞬絶句しました

ケツ堀ブランコ

極太ディルド

意味深な天井から下がるフック

どう見てもSMでした

 

「大丈夫、優しくするから」

そう言った彼は、手にロープを持っており、一瞬の間に私を亀甲縛りに・・・

 

人生初の亀甲縛り

こうも上手く人を縛れるもんだと感心しました

 

そいて私は腰の後ろで両手を縛られて、天井のフックにつるされたんです

 

そこからは大変でした

アナルのいじりまくられたかと思えば、極太ディルドが出たり入ったり

ヒーヒーハーハー言ってしまいました

 

散々苛め終えた彼は満足したようで、縄をほどいてくれて、シャワーを貸してくれました

 

どうやらベッドルームは彼氏専用とのこと

浮気かよ!?

と思いましたが、実は彼、有料のSM専門店の店長だったんです

 

無料で体験できてラッキー!!

なんて思うわけないでしょ笑

 

友達との食事前でしたが、おケツが痛くて痛くて・・・友達には言えませんでした

ゲイ掲示板の乱交募集に応募・・・3人相手からの、愛してる?

その時は、たまたま掲示板で気になる掲示を見かけたんです。

「新宿の某ホテルで複数するんで、廻されたいウケ募集」

 

淫乱だ・・・

その時私は丁度むしゃくしゃしていたのでメールしてみることに

プロフィールだけ送るとすぐホテルの部屋番号が送られてきた

とりあえず現地に来いとのことだった

 

まだ若かりし頃の私は乱交なんて未経験だったので、不安期待で困惑していた

 

部屋に着くと、3人の男性がいた

どうやら話を聞くと主催者ではないらしい

みんな20代後半から30代前半くらいだったと思います。

そこで二つの驚きがあったんです。

 

まず驚いたのがビデオ撮影あり だったことです。

抵抗はあったんですが個人的に楽しむだけだからと渋々撮影を了承

(のちにこのビデオがネットに流れていると話題になりました)

 

そしてもう一つは・・・仮にSさんとしましょう

後の彼氏に出会えたことです

彼は190センチ位の高身長の爽やか青年で、乱交なんかしなそうな優しい顔をしていました

3人の相手をしていた私ですが、Sさんだけに夢中で・・・

廻されている間Sさんにだけキスをしました。

 

そして帰り際にこっそりメモを・・・

 

その数日後、付き合う事になりました

 

ホント、出会いってどこにあるかわかりませんね

ゲイ出会い掲示板で初外国人!ペルー人彼とろけるような熱い南米の恋 ~ti amo~

これもとある掲示板で知り合った時の話です

一見した感じは、市川海老蔵みたいな、凄くイケメンな男性でした。

 

これが私とラモンの出会いです。

何通かメールを交わし、実際会う事に・・・

 

でも会ってみたら、何か違和感というか、少し話が噛み合わない感じがしたんです

それもそのはずでした

なんとラモンはペルー人だったんです

私の初めての国際恋愛?でした

 

いざ付き合ってみると、違いは色々ありました

やはりライフスタイルが違うんですよね

カルチャーショックという言葉をリアルに感じました

 

でも、一番印象的だったのは、何と言ってもキスです

ホントにもう、南米のキスは情熱的!!

思い出しただけでドキドキしちゃいます

「ti amo」

彼の母国語はスペイン語だから、耳元で囁かれる生ティアモはとても興奮的でした。

結婚しているゲイの男性との出会い元レディース総長の奥さんとの遭遇

ゲイの出会い掲示板、何も知らなかったシリーズ第二弾

シリーズ化するつもりはないんですが、今回は結婚している男性のお話

 

私がまだ20代前半だったころ、仕事中に彼からメールが来ていました。

職場も近く(新宿)、彼がタイプだったのもあり、即日で会いました。

即日なんてあまりないんですが、勢いがあったんでしょうね・・・

そのままいつも通りのパターンで、

ベッドへレッツゴー!!

相性も良く、その後も彼とメールしたり、たまに会うようになりました

 

そして休みを合わせて、新宿御苑で、お花見デートをしたんです。

八分咲きの桜がとても綺麗で、芝生に腰を下ろし、二人でお弁当を食べました。

そこで彼から、告白をされました。

私もまんざらではなかったので、首を縦に振ったんです。

すると彼が嬉しそうに言ったんです。

「良かった・・・これでやっと言えるよ」

え?まだ何か言う事あるの?と彼に目をキラキラさせながら問い詰めました。

「いやね、俺、結婚してるんだよね」

 

「え!?」

 

驚きました。そしてちょっ怒りました。言う順番逆じゃない?っていうかこれって不倫?

色んな事を考えて、困惑してしまいました。

「大丈夫!うちの奥さん、知ってるから」

 

そういう問題じゃないよ・・・

半ば呆れていたんですが、論より証拠ということで、数日後彼の自宅にお邪魔する事に。

 

「いらっしゃい。遠いところまでありがとね。」

奥さんの第一印象は・・・めっちゃいい人でした。しかも、かなりの美人さんした。

ヤンキー美人というか、芸能人で言うと土屋アンナさんと篠原涼子さんを足したような感じで

(わかりずらいですよね・・・)

その日は私が泊まるということで、鍋パーティーを企画してくれていました。

奥さんが買い出しに行くということなので、一緒についていくことにしました。

買い物中は、完全に主婦の顔でした。

「うちの人ね、つくねが好きなのよ!」

知らなかった事ばかりで、悔しさというよりも、逆に微笑ましさを感じてしまいました。

買い物を終えて、私がお手洗いに向かい、戻った時に軽い事件が起きたんです。

奥さんが若い男数人にナンパされていたんです。

すぐ助けたかったんですが、怯えてしまい、戸惑っていると、奥さんが怒鳴りました。

「私、これから帰ってネギの泥落とすんだよ!!暇じゃねーんだよ!!」

あまりの迫力に驚いてしまいました。

後々聞いたら、彼女は本当に昔、レディースのトップだったらしく、喧嘩はめちゃめちゃ強いようです。

 

食事を終え、三人で浴びるようにお酒を飲み、ベランダで奥さんと二人きりで話すことが出来ました。

やはり実際会ってみると、私は凄く申し訳ない気持ちになり、彼女に泣きながら謝ってしまいました。

奥さんはそんな私を、優しく抱きしめてくれました。

「あいつの彼氏、何人か見てきたけど、謝ったのmakoto君だけだよ。一緒に買い物したのもmakoto君だけ。私もよくわかんないけどmakoto君で良かった。」

これ以上ない言葉だと思いました。私は更に泣いてしまい、でも一番聞きたかったことを聞いてしまいました。

「辛くないの?」

少し黙り込み、缶ビールを飲み干し、奥さんが言った言葉は今でも忘れません。

「私が辛いのは、あの人が辛い事だから。辛い事も嬉しい事も一緒なんだよ」

 

人を愛する気持ちなんて今もわかりません。

その答えが結婚なのかもわかりません。

でもいつか、私もあの奥さんのように人を愛したいな、と思いました。

 

※その彼氏は色々だらしなかったので、奥さんメインで書いてみちゃいました。

ゲイと結婚は水と油!婚約中のバイ男性との出会い

出会い掲示板のいいところ・・・それは相手を知らないところなのかな、と思うことがあります。

名前、年齢、職業、様々な事をベールに隠したまま出会っている。

真実を知った時に、お互いに秘密を共有したような不思議な満足感を得ることがあります。

でも、知った真実が全て良い事、とは限りませんよね・・・

 

彼と出会ったのは19歳の時。

東京にも慣れ始め、出会い掲示板でメールを頂きました。

メールでは普通だったんだけど、いざ会うと必要以上に彼が緊張していたんです。

話を聞くと、彼は30代前半で、ずっと男の人に興味があったけど、一歩踏み出せず、私が初めて会うゲイだったんだそうです。

何だか高校一年生の自分を懐かしく思いましたが、私も成長しました!!

会話もリードし、積極的に彼をホテルへ誘導。

熱い夜を過ごしました。

 

翌日からでした。

彼からの鬼メールが始まったんです。

四六時中メールが来たんです。

最初は丁寧に対応していましたが、どんどん面倒臭くなり、ちょっと放置を始めたんです。

そしたら彼のメールは更にエスカレート

「好きだ、付き合ってくれ」

毎日そんなメールが来ました。

軽いかもしれませんが、一晩過ごしたくらいで惚れるほど私もうぶではありませんでした。

でも、これ一度会って話をしなければと思い、改めて彼に会うことにしたんです。

 

二度目に会った時、今度は向こうからホテルに誘われ、抱かれました。

(客観的に自分、最低ですが、若気の至りです)

行為が終わると、彼が重い口を開きだしました。

「実は俺、婚約してるんだよね・・・」

「え!?」

驚きました。だって結婚ですよ。とりあえず、おめでとう、と伝えました。

「でも大丈夫だよ。婚約破棄してきたから。」

「え!?」

何が大丈夫なの?今何が起きているの?目が点になりました。

そして彼は、鞄から小さな箱を取り出しました。婚約指輪でした。

「だからさ、この指輪、makotoに受け取ってもらいたい。付き合いたい。」

 

「・・・ごめんなさい。重いです。」

 

それ以降彼からメールが来ることはありませんでした。

私と出会わなければ、逆に幸せだったのかな?と申し訳ない気持ちになったのを覚えています。

ゲイと結婚、水と油みたいな言葉ですね

 

 

ゲイの世界にも友情はあるんです

高校時代は、たくさんのゲイと出会って、寝て、付き合って、そんな事の繰り返しばかりで、気が付いたら友達と呼べる人がいませんでした。

年上ばかり、というのもありましたが、私自身そこに重点をおいていなかったのかもしれません。

 

高校時代に既に上京することが決まっていた私は、予めゲイ出会い系掲示板で募集をかけていた。

東京は凄い!!

まだ上京前だといううのに50通以上のメールが来ました。

そんなにくると、正直誰が誰だかわからなくなります。

そんな中、一番最初にメールをくれた彼と一番仲良くなり、今でも付き合いがあります。

かれこれ15年になりますね・・・

 

彼は私より3歳上のお兄ちゃんみたいな感じでした。

短髪・髭・B系の服・・・どれもゲイにモテる要素ばかりで、一瞬で惹かれました。

恋心に似た感情を抱いた時もありましたが、彼とは一度も体を重ねていません。

 

初めて会った時から友達のような振る舞いをしてくれた彼

出会って初めて連れていかれたのがゲイが集まるコミュニティスペースでした。

どうやら移転の日のようで、10人以上の人がいる中、流れでお手伝いをしました。

そしてみんなに私を紹介してくれました。

後々知ったんですが、みなさんゲイの世界では有名な方ばかりでした。

 

ゲイバーやクラブや色んな場所に連れ出してくれた彼

付き合う時間が長くなり、私は初めてゲイの世界で友情というものを感じました

 

体を重ねたり、恋をしたり、そんな出会いばかりでしたが、ゲイの世界にも純粋な友情がある事を知り、私は嬉しさを覚えました。

ノンケの年下男の子とゲイ掲示板で出会い弟のような感じ

私が唯一年下の彼と付き合ったお話です

その時私は高3で、彼は高1でした。

 

それは一通のメールから始まりました。

「同年代の友人が欲しくて、メールしました」

いつも通りゲイ掲示板からのメールだと思ったんですが、何だか話が噛み合わないんです

よくよく聞くと、彼はノンケ(ゲイではない人)だったんです

でも、それでもいいと言われ、メールを続ける事に。

次第に仲もよくなり、彼が私の家に遊びに来る事になったんです。

彼は、初めて見るゲイ雑誌に夢中でした。

しばらく放置していたんですが、彼の方をチラッと見ると、彼が勃起していたんです。

しかもズボンの上からでもわかるほど、でかいんです。

何とか我慢していたんですが、一緒に寝よう、と言われ流石に理性が飛びました

かれとそのまま、行為をしたんです。

「女とヤるみたいに、やればいいんだよね?」

と言われたのが印象的でした

 

そんなこんながあって、彼と交際することに。

正直年下に興味はなかったんですが、ラグビーをやっていた彼

「今日さ、部活で腹筋200回もやらされたんだぜ」

と、細目に連絡をくれる彼がとてもかわいらしく、弟のような感じでした

 

でも仲良くなればなるほど、彼がノンケであることに不安が募っていたんです

普段は普通の高校生の彼が、何だか遠い存在のような気がして、何度もこちらから別れを切り出してしまいました

ノンケなら女と幸せになってほしい

そんな事ばかり考えていた私に、彼は言いました

「ゲイだのノンケだの壁作ってるのはmakotoだろ?好きなんだから、それじゃ駄目なのか?」

くよくよ考えすぎていた私の問題の答えは、とてもシンプルでした

 

人を愛する気持ちは、みんな一緒、それが一番大切

 

まさか年下にそんな人生論を説かれると思いませんでした

 

正直彼はゲイだったのかもしれません

でも、そんなのはどうでもいいんです

大事なのは確かに彼と愛を育んだ時間があったということなんです